MIDORI | 五嶋みどり、「ブラームス賞」を受賞。
20486
single,single-post,postid-20486,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-7.4,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.2,vc_responsive

五嶋みどり、「ブラームス賞」を受賞。

ドイツ、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州のブラームス協会より、
2020年「ブラームス賞」が五嶋みどりに授与されることが発表になりました。

「ブラームス賞」とは1988年に創設された賞で、
初代受賞者はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とレナード・バーンスタイン(指揮者・教育者)。
これまでに、ユーディ・メニューイン(ヴァイオリニスト・教育者)、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン歌手)、クリストフ・エッシェンバッハ(指揮者)らが受賞しています。

みどりのブラームスの作品に対する傑出した解釈だけでなく、次世代のアーティストへの多大なサポートと
文化プロジェクトに対する熱心な取り組みが高く評価され、このたびの受賞となりました。

授与式は2020年5月3日にヴェッセルビューレンの聖バルトロメオ教会で行われます。

ブラームス協会:https://brahms-sh.de/preistrager-2018/ (ドイツ語)