MIDORI | 2014年9月29日
18175
single,single-post,postid-18175,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-7.4,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.2,vc_responsive

2014年9月29日

日本の皆様へ

こんにちは。
いよいよ来週、サントリーホールのスペシャル・ステージというプロジェクトで、日本に参ります。 5日間連続で、リサイタルやオーケストラとの共演のほかにマスタークラスなども行うレジデンシー・ プログラムは日本で初めてのことです。

9日のシニアのためのリサイタルのほかは、コンサート前にプレコンサートがあり、リサイタル の日のプレコンサートでは、6日のマスタークラス受講生による演奏を聴いていただけます。 応募してくださった才能ある若い方々にマスタークラスで少しでも役立つアドヴァイスができたら 嬉しいですし、その成果の発表の場となる7日と8日のプレコンサートは、演奏者にとっても 聴衆の皆様にとっても貴重な経験となることでしょう。10日のプレコンサートでは、ミュージック・ シェアリングの「楽器指導支援プログラム」に参加している特別支援学校や養護学校の生徒たち が演奏をしてくれます。それぞれの学校では、このコンサートに向けて一生懸命練習をしています。 私や普段指導しているボランティアの演奏家も生徒たちと一緒に演奏しますが、このような機会は めったにないので、とても楽しみにしています。

本公演のほうもこれまでになくヴァラエティーに富んだ内容になっています。特に、8日のリサイタル では、現代曲の魅力を存分に味わっていただけるプログラムです。“現代曲”というと「難解」と毛嫌い されている方も多いと思いますが、このウェブサイトでも色々紹介していますように、取り上げる作品 のほとんどが現役の作曲家の作品ですので、感覚が非常に近く、聴いていただくと映像が目に浮か ぶような作品ばかりです。また10日の協奏曲の夕べでは、J.S.バッハをテーマに、4曲演奏いたします。

9月29日 五嶋みどり