MIDORI | from Midori
18207
paged,page,page-id-18207,page-template,page-template-blog-large-image-whole-post,page-template-blog-large-image-whole-post-php,paged-11,page-paged-11,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-7.4,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.2,vc_responsive
 

FROM MIDORI

30 4月 2014
4月30日

日本の皆様へ

そろそろ桜前線は北上して、北海道に到達する頃でしょうか。 皆様お変わりございませんか。

さて、先月、国連から気候変動に関する最新の報告書が公表されました。 珍しくもない「地球温暖化」の警鐘が統計的に示され、異常気象による突発的 な災害、また気温の上昇が主要穀物の生産量減少と、海洋資源や食料 生産地の分布に大きく影響し国家間の緊張も高まる、と相も変わらず、 それは深刻な報告には違いありませんでした。

私が国連ピース・メッセンジャーとして、「ミレニアム開発目標」を推進する 役割の一端を担っている過程でも、最重要課題は依然としてベクトルが 上に向かず、個人レベルでも真剣に考え実行しましょう、と立て板に流れる メッセージに風化してきた注意を今ここでも述べずには居れません。 たまには五嶋みどりが念仏のように唱えるこのメッセージを思い出してください。

4月30日 五嶋みどり