MIDORI | PROJECTS
18211
page,page-id-18211,page-template-default,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-7.4,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.2,vc_responsive
 

PROJECTS

みどり教育財団(Midori&Friends)

mafCarouselColor
みどりが1992年にアメリカで設立した非営利団体「みどり教育財団」。ニューヨーク市内の公立小学校とパートナーシップを結び、1年を通じて様々なジャンルの音楽家やティーチング・アーティストを派遣し、コンサートや楽器指導、放課後プログラムや保護者や学校周辺の住民を対象にしたコミュニティー・シリーズ・コンサートなど5つのプログラムを提供している。
http://www.midoriandfriends.org/ (英語サイト)

特定非営利活動法人ミュージック・シェアリング

MusicSharingCarouselColor

1992年からMidori&Friendsの東京事務所「みどり教育財団東京オフィス」として活動開始。2002年に、活動内容のさらなる充実発展を目指し、特定非営利活動法人(NPO)ミュージック・シェアリングに組織変更。みどりがピアニストやカルテットのメンバーとともに小学校や子ども病院などで演奏する「レクチャー・コンサート」のほか、日本の伝統音楽を紹介する「邦楽レクチャー・コンサート(箏曲・雅楽)」、特別支援学校に若い演奏家を派遣し、子どもたちに楽器指導を行う「楽器指導支援プログラム」、アジアの子どもたちに生の音楽を届け、同時に若手演奏家たちが社会貢献活動を体験・学ぶ「ICEP(インターナショナル・コミュニティー・エンゲージメント・プログラム)」などを提供している。
http://www.musicsharing.jp/

Partners in Performance (PIP)

pipLogoFull

 

「パートナーズ・イン・パフォーマンス」(通称PiP)は、2001年にみどりが受賞したエヴェリー・フィッシャー賞の賞金を元に、アメリカで設立した非営利団体。全米でリサイタルや室内楽のコンサートが開催される機会の少ないコミュニティーが、小額の負担で質の高い一流アーティストによるコンサートを開催できるよう支援し、コミュニティーの活性化を図ることを目的としている。
http://www.pipmusic.org/ (英語サイト)

Orchestra Residencies Program (ORP)

ORPCarouselColor

「オーケストラ・レジデンシー・プログラム」(通称ORP)は、全米の地方都市のユースオーケストラとそのユースオーケストラと関係のある大人のオーケストラが対象。参加団体から提出された企画書に基づいて、招聘演奏家(五嶋みどり)と対象のオーケストラ両者の協議により活動内容を決定。プロのオーケストラ、ユースオーケストラとの共演、メンバーの個人レッスンなど、オーケストラのメンバー自身が行う音楽活動の発展を助け、行政機関に演奏に出向き、ロビイングも行うなど、クラシック音楽の健全な存続に寄与する事柄に重点を置いている。
https://orpobservations.wordpress.com/ (英語サイト)

過去のプロジェクト

University Residencies Program (URP)
「ユニバーシティー・レジデンシー・プログラム」(通称URP)は、演奏家と大学の学生・教職員、さらには大学のコミュニティー全体が音楽を軸にして継続的に密接な関係を築くことを目的に、みどり自身が企画し、実践している2年単位のプログラム。大学滞在期間中、2回のリサイタルと2年目に行われる大学オーケストラとの共演の他、学部を問わず大学全体をターゲットに交流を深めるための様々な活動を行う。具体的なプログラムは、大学との話し合いによって決められ、学生も積極的にプログラムの企画・運営に携わり、学部を超えたコラボレーションとなるようなプログラムが優先的に実施される。第1回目の2003年は、シカゴのノースパーク大学で行われ、その後、マサチューセッツのノースハンプトン大学、ウィスコンシン大学マディソン校などが参加している。

トータル・エクスペリエンス(Total Experience)
「トータル・エクスペリエンス」は、みどり自身が演劇鑑賞の際に劇場で得た体験をもとに、デビュー20周年を迎えた2002年に立ち上げたプロジェクト。演奏家、聴衆、コンサートにかかわる総ての人々がテーマの共有と、誰もが“私の、私たちのコンサート”と思えるような体験を目指し、今日のコンサートの在るべき姿の見直しを広く問いかける企画。第1回目は、全国13の公共ホールとパートナーシップを組み、ホール主催者、聴衆、地元住民ボランティアが協力し、“絆”をテーマにみどりのリサイタルを中心とした一連のイベントを企画・実施。2005年の第2回目は大学に場所を移し、新潟大学と昭和音楽大学にて実施。正規単位認定科目内プロジェクトとし、“輪”のテーマのもと、学生たちがアーティストや職員、地域住民と協力し大学と地域を結ぶ様々な企画を展開した。

Contemporary Music Project
日本では2004年末から2005年はじめにかけて、アメリカでは2006年春に行われた現代曲のみのプログラムによるリサイタル・シリーズ。みどりが生まれた1970年代以降に書かれた“同時代”の作品を中心に選曲。コンサート来場者の当日のコンサート体験をより充実したものにするため、事前に解説DVDを作成・配布したり、ホームページ上で定期的にニュースレターを配信。また専門家を招き、デモ演奏も含めたセミナーを開催。

On Location
ロサンゼルス・フィルハーモニーの実験的プログラムの一環として2002年11月に行われたプロジェクト。オーケストラ事務局と2年間に渡る協議の上に実現したこのプログラムでは、みどりの10日間の滞在期間中、2つの定期演奏会出演(全4公演)のほか、近隣の学校でオーケストラ団員によって行われたチャリティー・コンサート(室内楽)、南カリフォルニア大学でのヴァイオリン公開レッスン、みどりとロサンゼルス市職員とミュージック・センター教職員による公開討論会などが行われた。